虚無人間観察日記

無色透明は綺麗な色。無職透明は汚い色。

マンガの実写化という人体錬成は禁忌

スマホアプリでガンガンonlineというアプリがある。

そこで数話だけだがハガレンが読める。無料だ。

面白い。一度全部読んでいるが人間の記憶とは良く出来ている、全く覚えていないのでさながら17年に生まれた新規の神マンガとして読める。

面白すぎて、親に借金し、パンクした自転車に空気を入れ空気が抜けるタイムリミットと戦いながら、煙草ですり減ったスタミナで猛暑の中ブックオフ辿りつき、ハガレンを全巻購入した。

今、話の内容が三分の一しか伝わらない所まで読んでるが面白い。

面白い。

 

鋼の錬金術師 実写化

正直、買いに行くときこれが原因で全巻買えないかと思ったけど杞憂ですんでよかった。

 

実写化。ただ悲しい。

完成された料理に雑に反物質的な調味料をかけて異次元な4Dでカスタムロボ

つまり変なのが出来る。

その変なのに鋼の錬金術師という名が付けられるのが辛い。ニーナやイシュヴァール人の悲しみや国家錬金術師の苦悩やら日本コスプレ大会学芸会verとして放映されるのは辛い。

辛い。

日本の制作会社が作るとほぼ致死率100%なのがよろしくない。ナンマイダサルスベリカスタムロボである。

米国だと13.2%位になる。ドラゴンボールをその中に入れると75%になる。つまりよくしらない。

 

実写化しても良いけど

キャストが似てる、似させる

雰囲気

米国映画並みのクオリティ

わがままだけどこれくらいは欲しいのが本音です。